外壁塗装には種類がある【場所によって使い分けするのが鉄則】

ボロボロになってきたら

自宅の壁がはがれ落ちてきそうになっているのなら、それは外壁塗装のサインだと覚えておくと良いでしょう。また、塗料によって得られる効果が変わってくるので、どのようなものなのか調べておくと損することはありません。

本当に効果があった

雨漏りがなくなった

私の家は築30年以上もするので、当然のようにガタがきています。その中でも雨漏りが気になっていたのですが、外壁塗装をしてからピタリと雨漏りがなくなったので、とても感謝しています。またお願いしますね。

新品同様になった

うちの壁はボロボロでそれはもう見るも無残な姿でしたが、外壁塗装をしたことによって、まるで新築のような壁になりました。お陰で自宅に帰るのが楽しみになってきたので、利用して良かったと思っています。

苦手な冬が好きになった

実家が昔ながらの家ですので、秋ごろになるとだんだん寒くなり、冬になると地獄でした。しかし、断熱に良いとされる塗料を塗ってからというもの嘘のように快適に過ごせるようになったので、感謝しています。

外壁塗装には種類がある【場所によって使い分けするのが鉄則】

塗装

シリコンがガッチリガード

耐久性では右に出るものがいないと言っても過言ではないシリコンは、主に屋根に使うことで最大限の効果を発揮することが可能となっています。ですので、名古屋の家の屋根を改善したいならシリコンを念頭に置いておくと良いでしょう。

木造物件にはウレタンを

弾力性のあるウレタンアは特に木材を多く使用している建物に向いていると言えるでしょう。なので、長年使用していて形が変形したものでも対応しているので、昔からある名古屋の実家で試してみるという手もあります。

断熱塗料

夏は暑くて冬は寒い名古屋でできるだけ快適に過ごしたいのであれば、断熱塗料を採用すると良いでしょう。これを塗っておくことによって、一年中快適な温度にすることができ、無駄な光熱費を支払わなくてもよくなるのです。

広告募集中